アクセス


各セクションメニューへ

病棟紹介・インタビュー

back

title

ph

 私は、横浜医療センター附属看護学校を卒業し4月から東7病棟で働いています。

最初の頃は時間で行う処置が多く、また自分の知識不足も重なり気持ちに余裕が持てずに落ち込む日がありました。3ヶ月経った今では仕事にも慣れて、少しずつ看護が楽しく感じるようになってきました。患者さんから「あなたの笑顔で気分が明るくなったわ」「よくやってくれる看護師だね」と声をかけてもらったときは嬉しくて涙が出ました。まだまだ未熟で思うような看護ができず、先輩看護師や患者さんから学ぶことが多い毎日です。プリセプターの先輩に励まされ、同期の仲間とご飯を食べながら情報交換しお互いを高めあうよう頑張っています。これからも患者さんに元気を届けられるよう笑顔で頑張っていきたいと思います。

東7病棟紹介はこちら


back2

title

 ph 初めてのプリセプタ―は不安もありましたが、成長した新人看護師をみるととても嬉しく感じます。
初めてプリセプターとなり、看護師としての第一歩を踏み出す新人を育てることがとても不安でした。しかし、病棟のスタッフ全員で新人看護師を支援しているため、新人看護師の成長した姿を見るととても嬉しく思います。技術面では先輩看護師にフォローしてもらうことも多くありますが,プリセプターとして精神面でのフォローにも重点を置いて関わっています。指導を通して自分も学ぶことが多くあるため、お互いに技術や知識を高め、患者さんへの思いやりをもった看護師になれるよう努力していきたいと思います。

救命救急センター(東3病棟紹介)はこちら


back2

title

ph 今年4月から副看護師長として外来から現在の病棟へ移動しました。
 私にとって4つ目の病棟になります。久しぶりの病棟勤務で大変でしたが、スタッフの方たちに教えてもらいながらようやく慣れてきました。外来では糖尿病療養指導士の資格を活かし、糖尿病看護外来の開設に関わることができました。それぞれの患者の背景を考え指導するなかで、私自身の看護を振り返る学びの場になりました。病棟に異動した現在でも週に1回糖尿病看護外来を担当し、この学びを病棟の看護にも活かせるようにしていきたいと考えています。
 仕事を続けるうえでは家庭や子育ての両立に悩んだ時期もありました。今でも時々喧嘩をする事もありますが、家族の協力を得ながら仕事を続ける事ができています。また家庭を持つ事によって、患者さんの辛さや思いをさらに身近に感じられ、共有できるようになり、看護に活かす事もできるようになりました。
 看護師として仕事を続けていく事は大変な事だなと感じることも多いです。しかし、患者さんの姿に勇気をもらい、同僚・家族に励まされ、なによりも「看護」という仕事のやりがいを感じて働くことができています。
 今後はこの経験を生かし、同じように頑張っているスタッフや若いスタッフであっても仕事とプライベートのバランスを保てるようにお互いが協力し合い、長く続けていけいるような職場づくりをしていきたいです。

西5病棟紹介はこちら


back2

title

ph入職3年目の時に「褥瘡は看護ケアでも治すことができる」ということを患者さんから学びました。
 その日を境に褥瘡ケアを極め、1人でも多くの患者さんの褥瘡を改善させたいと思うようになり、平成23年に皮膚・排泄ケア認定看護師の資格を取得しました。現在は、専従の褥瘡管理者として主に褥瘡ケアを行っていますが、その他にストーマケアや失禁ケアも行っています。看護ケアで褥瘡は、治癒も予防もできることを多くの看護師に知ってもらい、看護ケアの素晴らしさを患者さんも一緒に体感できるような看護を目指していきたいと思います。


back2

title

phまだ看護学生だった頃、受け持ったがん患者さんの心のケアの大切さに気づき、がん看護に興味を持ちました。
  就職後、痛みや吐き気に苦しむ終末期の患者さんを目の当たりにし苦痛症状を軽減するための知識と技術を身につける必要性を感じ、がん看護専門看護師の資格を得ました。現在は緩和ケアチーム専従、相談支援係として忙しくも充実した日々です。
 患者さんの笑顔に元気をもらい勉強させて頂き、感謝しながら働いています。がんに罹った時、“あの病院は看護も良いから”と選んでもらえる、そんな看護が提供できるよう頑張っています。

ページのトップへ戻る