アクセス


各セクションメニューへ

看護部長挨拶

 横浜医療センターは、「地域医療支援病院」に認定されており、横浜市南西部地域中核病院としての役割を果たしています。急性期医療を中心として、地域の方々の期待と信頼に応える医療を提供しています。
 看護部では、「常に患者さん中心を念頭において温かい笑顔で心のこもった看護を提供します」を理念とし、日々の看護実践を行っています。医療が日々高度化・専門化する中で、チーム医療の中では高い看護実践力を発揮出来る看護師が求められています。私たちは根拠に基づいた看護実践に努め、患者さんの心に寄り添うことのできる、心豊かな看護師の育成を目指しています。
 看護師の教育体制は、国立病院看護職員能力開発プログラムVer.2に基づき、看護師一人一人が自身の目標に向かって、キャリアを形成できるように支援しています。看護師一人一人がしっかりとキャリアを重ねることで、横浜医療センターがさらに地域の皆さまに信頼され、愛される病院になる様努力したいと思います。

                         看護部長  亀尾 慶子




































ページのトップへ戻る