アクセス


各セクションメニューへ

国立病院機構 横浜医療センター 専門看護師・認定看護師の紹介

当院には1名の専門看護師、12名8分野の認定看護師が在籍しています。看護協会が期待する私たちの役割は以下の通りです。

専門看護師:複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアと特定の専門看護分野の知識・技術により、保健医療福祉の発展に貢献し併せて看護学の向上をはかることを目的としています。(実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究)

認定看護師:特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護実践により、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかることを目的としています。(実践・指導・相談)

がん看護専門看護師
●在宅療養中のがん患者さんの緩和ケア外来利用や受診方法のご相談(緩和ケア外来は月・火・木・金のAM、要紹介状・予約制)
●クリニックや診療所スタッフに対するがん看護相談(症状コントロール、意思決定支援、生活面など) をお受けできます。

感染管理認定看護師
在宅での感染対策(家庭での胃瘻や吸引、自己導尿の物品管理、感染症予防など)
診療所の感染対策(使用後の物品の消毒方法、水回りの清潔維持など)
スタッフの感染対策(血液・体液曝露対策、流行性疾患のアウトブレイク防止など)
感染対策のご相談をお受けできます。

皮膚・排泄ケア認定看護師
現在3名在籍しています。
褥瘡対策、創傷処置、褥瘡処置に関する相談をお受けしています。ストーマは毎週水曜日にスキンケア外来にて観察とケアをしております。スキンケア外来ご希望の場合には紹介状持参で外科受診(水曜日)をお願いいたします。

緩和ケア認定看護師
治療が困難になる時期、症状悪化がある患者さんのケアや病状の変化についていけない家族への支援についてご相談をお受けできます。また、リンパ浮腫予防のための生活指導やケアに関する相談をお受けできます。

救急看護認定看護師
救急技術の指導や急変についての相談に対応しています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
脳梗塞患者さんの血栓溶解療法、血栓回収療法に迅速に対応できるようスタッフ指導を行なっています。
脳卒中関連のご相談、勉強会等(脳卒中予防、高次脳機能障害への対応など)に対応します。

集中ケア認定看護師
呼吸リハビリテーション・ポジショニング・機器管理・せん妄ケアなどの実践・指導・相談を行っています。

糖尿病看護認定看護師
毎週月曜日PMに糖尿病地域連携パス外来を行っています。この連携パスでは教育入院後、かかりつけ医の先生に定期受診しながら3カ月から1年に一回横浜医療センターで療養指導(栄養、薬剤、フットケアなど)を行っています。

がん化学療法看護認定看護師
化学療法を受ける患者さんの副作用対策や意思決定支援などを行っています。
抗がん剤の副作用や安全な取り扱いなどについてのご相談をお受けできます。

☆上記内容について、勉強会の開催も可能です。がん看護専門、感染管理、皮膚・排泄ケア、緩和ケア、がん化学療法看護認定以外は専従勤務ではないため、勤務の状況によっては連絡が遅くなることもありますので、ご了承ください。ご連絡は別紙のFAX用紙をご使用ください。
☆毎年のオープンセミナー開催(看護協会ホームページにて申し込み)、褥瘡対策委員会主催勉強会も毎月行っております。参加ご希望の場合は地域連携室までご連絡ください。
2017年11月

ページのトップへ戻る