アクセス


各セクションメニューへ

教育研修部情報

当院では昨年度、研修医および新専門医制度対象者(専攻医)を管理する目的で、教育研修部を設立し運営をおこなっています。

新専門医制度では、1つの病院で多くの基幹・連携プログラムが稼働します。当院でも、4科で基幹プログラム、15科で計20以上の連携プログラムが運用される予定です。内科系ではプログラムの異なる専攻医が同じ診療科に勤務することもまれではないと考えます。専攻医の情報を一元管理し、その専攻医が不足する手技や経験症例を把握、指導医にアドバイスをする部門としたいと考えます。

さらに、専攻医や指導医には経験症例、各種評価結果の登録・保管等、多くの事務的作業が要求されています。この事務作業を補助し、医師の本来業務である臨床に集中できる体制を目指しています。

また、新専門医制度は毎年改変される予定です。これに迅速に対応できる体制を作る予定です。以下に、本年度から当院研修医に配布している新専門医制度の解説資料「教育研修部ニュースレター」を公開いたします。

初期研修および新専門医制度における専門研修プログラムに関するお問い合わせは教育研修部 事務担当 鈴田 が承ります。
よろしくお願いします。

教育研修部担当 副院長 鈴木 宏昌
教育研修部長 宮崎 弘志
庶務係長 石田 秀志
教育研修担当事務   鈴田 広美                                                                                Email: y-kyoiku@yokohamamc.jp

 

教育研修部ニュースレター

創刊号(平成29年5月1日)

第2号(平成29年6月5日)

第3号(平成29年7月12日)

第4号(平成29年8月7日)

第5号(平成29年8月29日)

第6号(平成29年10月12日)



もどる
ページのトップへ戻る