アクセス


各セクションメニューへ

睡眠時無呼吸症候群外来

睡眠時無呼吸症候群が疑われる患者さん、睡眠時無呼吸症候群と診断され
維持陽圧呼吸(CPAP)などの治療を受けている患者さんのための外来です。

概 要

睡眠時無呼吸症候群が疑われる患者さんには、先ず外来での検査(簡易アプノモニター)を行います。その検査で睡眠時無呼吸が認められた患者さんには、1泊入院による終夜睡眠ポリグラフィー検査を行い、診断・重症度評価を行い、治療方針を決定します。持続陽圧呼吸(CPAP)の必要な患者さんは、引き続き外来で経過を拝見いたします。
睡眠時無呼吸症候群は高血圧・糖尿病の全身の合併症が多い病気ですが、本外来では全身のトータルサポートは出来ません。睡眠時無呼吸症候群以外の疾患の検査・診察を希望される患者さんは、総合内科または当該科の初診予約も取るよう、お願いいたします。

対象疾患

睡眠時無呼吸症候群

開業医の先生へのお願い

本外来では、原則として睡眠時無呼吸症候群に関する検査・治療のみ行います。睡眠時無呼吸症候群以外の疾患(高血圧・糖尿病など)の評価も必要な場合は、循環器内科初診もしくは当該科初診も別途予約を取っていただくか、同外来より睡眠時無呼吸外来をご紹介いただく形になります。睡眠時無呼吸症候群のみの精査・評価で宜しければ、地域連携室よりFAX予約で当外来の予約をお取りください。

外来診療担当医

外来診療担当はこちらをご覧下さい。


もどる

ページのトップへ戻る