アクセス


各セクションメニューへ

物忘れ外来(神経内科)

物忘れの原因を調べます。いわゆるtreatable dementiaを除外します。

概 要

  完全紹介予約制です。物忘れを主症状とする認知症性疾患に対して心理検査を施行し、認知症の程度を調べます。神経学的診察に加え、血液検査、脳MRI、MIBG心筋シンチグラフィー、脳血流SPECTなどの諸検査を施行しtreatable dementiaを除外したのちにいずれの認知症性疾患に該当するかを確定します。それを踏まえて今後の治療法を確定します。ご本人およびご家族にその結果を説明のうえ生活指導を行います。原則としてその後逆紹介させて頂きます。

対象症状

すぐ忘れてしまう
新しいことが覚えられない
片づけたもののありかを忘れてしまう
(家族から見て)
同じことを何度も聞く
大切なものどこかにしまい出てこない
食事したことを忘れてしまう

対象疾患

アルツハイマー型認知症
脳血管性認知症
レビー小体型認知症
前頭側頭葉変性症
正常圧水頭症

開業医の先生へのお願い

認知症に関する心理検査はご本人の協力が必要不可欠ですので物忘れ外来の主旨をご本人ご家族に説明を御願いします。

外来診療担当医

外来診療担当はこちらをご覧下さい。


もどる

ページのトップへ戻る