アクセス


各セクションメニューへ

アスベスト外来

アスベスト(石綿)暴露歴があり健康に不安のある方はアスベスト外来へ。

概 要

 完全予約制です。アスベスト(石綿)を吸い込むことによって発生する(悪性)胸膜中皮腫や肺がんを胸部CT検査などの画像診断や気管支鏡検査や胸腔鏡検査などを組合せ早期に発見し,早期に治療を行うことを目的にアスベスト外来を開設しました。

対象症状

アスベスト曝露歴がある方(アスベスト関連事業所に勤めていた方や,周辺に住んでいた方など)
胸膜中皮腫や肺がんの主な症状である胸痛,胸水,発熱,呼吸困難,血痰などの症状のある方

対象疾患

アスベスト(石綿)を吸い込むことによって発生する(悪性)胸膜中皮腫や肺がん

開業医の先生へのお願い

胸膜プラーク(胸膜肥厚斑)が多数存在する場合には胸部X線検査のみでは肺内病変や胸膜腫瘍の確認が困難な事があります.特に横隔膜上に胸膜プラークを認めればアスベスト(石綿)暴露が強く疑われます.暴露歴がありましたら,胸部CT検査をお勧めお願いします.肺腫瘍,胸膜腫瘍,胸水などがありましたらアスベスト外来にご紹介下さい.

・第一金曜日 の完全予約制になっています。
・予約の際には、現在治療を受けている医療機関の担当医からの紹介状(診療情報提供書)が必要です。

外来診療担当医

外来診療担当はこちらをご覧下さい。


もどる

ページのトップへ戻る