アクセス


各セクションメニューへ

救急科

当院救命救急センターでは
1:垣根が低く、フットワークの軽い救急・集中医療の展開
2:職種を超えたチーム医療の実践
3:救急・集中治療を通じた双方向的な医学教育の実践
がモットーです。

                     横浜市立大学医学部救急医学教室ホームページへ

概 要

  当院救命救急センターは、平成22年4月1日に当院が横浜市南西部地域中核病院に指定されたことに伴い、戸塚区を中心とする横浜市南西部地域及び隣接地域をカバーする救命救急センターとして機能を大幅に拡充し新装されました。 
救急科は当院救命救急センターの専従医として、専門医を中心に現在12名のスタッフで構成され、地域救急の要として生命にかかわる重症な急性傷病の方々に対して、その命を守る「最後の砦」となるのみならず、地域の医療ニーズに応えるため、救急搬送されるほぼ全ての症例に対して初期診療から入院治療まで幅広く関わっています。 
また、当院救命救急センターは近隣医療機関からの転送依頼にも積極的に応需し、当センターで加療し容体が落ち着き次第地域の医療機関にその後の治療継続をお願いするという連携体制を構築することで、相互の機能を生かした地域完結型の救急医療・集中治療を提供しています。

診療方針

  • 救急科医師は救命救急センター内での診療の核となり、かつ各専門科の医師とも密接に連携をとりながら正確な診断と適切な診療を行っています。
  • 当院救急外来は重症度・緊急度別に診察ゾーンが3つに分かれています。救急科医師は24時間365日院内に常駐しており、救急外来において集中治療を必要とする重症(3次救急)患者の診療のみならず、救急車で来院される軽度・中程度患者の診療にもあたっています。。
  • 救急車以外で来院される患者さんの中にも重症な患者さんが混在するので、トレーニングを受けた看護師がトリアージ(緊急度、重症度の選別)を行い、診察・治療の優先順位を決めています。そのため必ずしも受付け順に診察が始まるわけではありません。
  • 救急外来で診察させていただいた症例については、重症な急性傷病症例や病態や病状が複雑である症例に関しては当科が主科となり引き続き救命救急センターで入院治療にあたります。また、必要に応じて、それぞれの専門科へ入院していただいたり、外来へ通院していただいたりすることも可能です。
  • 3階の救命救急センターは、高度化する救急医療および集中治療に対応可能で十分なスペースを確保した10床のICU、個室4床を含む20床の救急病棟を有しています。

 同じフロアには手術室が連結し、麻酔科とも密接に連携していますので、緊急手術にも24時間対応しています。

当科の特色

  • 当科がもっとも力を入れているのがチーム医療とカンファランスにおけるプレゼンテーションを通じた教育です。現代の救急・集中治療は個人の力のみで行うことは不可能で、チーム医療なしで絶対に成り立たちません。そしてチームで最善の医療を行うためには、「情報を共有し思いを同じにする」ことが最も大切です。
  • チーム医療である限りプレゼンテーションが命であり、それにより初めて自分の得た情報が皆で共有され、よりよい医療が可能になります。最善の医療を提供するためにはプレゼンテーション能力は不可欠です。そしてその目的に合わせて簡潔に過不足のないプレゼンテーションをするためには患者さんに寄り添い、深く理解していることが前提となります。
  • 当院救命救急センターでは、毎日カンファランスと病棟回診を行い、そこでは初期臨床研修医や看護スタッフも加わって、症例と疾患の知識の情報共有と、「この症例の現在の問題点は何なのか?病状を好転させるためにはどうしたらよいのか?」など患者評価と治療方針の徹底的なディスカッションを行っています。初期臨床研修医にはこのカンファランスを通じてプレゼンテーションの大切さを教え、また論理的診察方法とプレゼンテーション技法の指導も行っています。
  • 初期・後期臨床研修医の救急・集中治療領域における各到達目標や手技に対しては当科スタッフが1対1で指導にあたっています。
  • 地域完結型医療を目指し、患者さんに寄り添う医療の中で、比較的軽症の症例から重症の症例まで幅広い症例を受け入れていることも当科の特色と考えています。

 また、当センターは研修中の救急救命士や救急隊員のための救急隊控室も準備しており、救急隊員とも指導教育を通じた連携を深めています。院内には各種のシミュレーションが行える部屋も整備し、インストラクター資格を有したスタッフが指導にあたれるようにしており、各種院内コースが開催されています。

診療実績

平成26年度救急科が取り扱った救急車は約2,306台、軽症44%、中等症・重症50%と総ての重症度がバランスよくカバーされ、救命救急センター入院数は年間約2,847人、うちICU入室は年間約891症例でした。

救急科実績
救急外来患者 
*病院全体
救命救急センター入院 ICU 救急車 軽症 中等症・
重症
平成23年度 13251 2773 857 2584 51% 49%
平成24年度 12346 2374 662 2558 43% 57%
平成25年度 12608 2696 759 2486 40% 60%
平成26年度 13040 2847 891 2306 44% 50%
平成27年度 13154 2844 885 2288 41% 59%

対象疾患

 救命救急センターで救急科が取り扱う主な傷病は、脳血管障害(脳卒中)、重症心疾患、重症呼吸不全、重症膵炎、肝不全、敗血症や多臓器不全、事件事故や労災などによる多発外傷、さまざまな中毒、ショックを伴う傷病、熱傷、窒息、溺水、環境異常(熱中症、低体温症)、心肺停止などがあげられます。

多施設共同研究

 当科では、敗血症に合併する播種性血管内凝固症の予後を予測するための多施設共同研究に参加しています。この研究のために、一般の採血に合わせて追加項目の測定を行います。薬剤投与などは伴いません。入院時にご説明申し上げる事は有りませんので、あらかじめお知らせいたします。ご協力をお願い申し上げます。
心拍再開した院外心停止患者における頭部CTの灰白質と白質のCT値による神経学的予後予測に関する研究

トピックス

現在、ドクターカーの運用に向けた試行を重ねており、地域と連携した運用を目指しています。

外来診療担当医

外来診療担当はこちらをご覧下さい。 

スタッフ紹介

役 職
氏  名
専 門 分 野
認定医・専門医
救急部長
救命救急センター長
ふるや りょうすけ
古谷 良輔
救急医学
集中治療医学
麻酔科学
医療安全管理学
医学教育学
横浜市立大学医学部救急医学 臨床教授 
日本救急医学会指導医・評議員
日本救急医学会関東地方会幹事
日本集中治療医学会専門医・評議員
日本麻酔科学会指導医
日本体育協会公認スポーツドクター
臨床研修指導医(厚生労働省)
European Society of Intensive Care Medicine
日本DMAT隊員
日本プライマリーケア連合学会暫定指導医
集中管理部長
みやざき ひろし
宮崎 弘志
救急医学
集中治療医学
麻酔科学
医学教育学
日本救急医学会救急科専門医 
日本集中治療医学会専門医 
日本麻酔科学指導医
臨床研修指導医(厚生労働省)
AHA-BLS/ACLS インストラクター
American Society of Anesthesiologists
European Society of Intensive Care Medicine
日本DMAT隊員
日本プライマリーケア連合学会暫定指導医 
医 師
もちづき さとし
望月 聡之
救急医学
消化器外科学
日本救急医学会救急科専門医
日本外科学会外科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医 
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
臨床研修指導医(厚生労働省)
JATEC インストラクター
JPTEC インストラクター
日本プライマリーケア連合学会暫定指導医
医 師
ふじい ひろひと
藤井 裕人
救急医学
日本救急医学会救急科専門医
日本麻酔科学会麻酔科専門医
臨床研修指導医(厚生労働省)
神奈川DMAT-L隊員
医 師
すずき なおや
鈴木 誠也
救急医学
集中治療医学
日本救急医学会救急科専門医
医 師
やまがた ひでひろ
山縣 英尋
救急医学
集中治療医学
神奈川DMAT-L隊員 
医 師
みさわ なほ
三澤 菜穂
救急医学
集中治療医学
 
医 師
たけだ ともあき
武田 知晃
救急医学
集中治療医学
神奈川DMAT-L隊員 
医 師
おおや      
大矢 あいみ
救急医学
集中治療医学
 
医 師
いまいずみ じゅん
今泉 純
救急医学
整形外科学
災害医学
外傷学
日本救急医学会救急科専門医
臨床研修指導医(厚生労働省)
医 師
いわした まさゆき
岩下 眞之
救急医学 
集中医療医学
臨床麻酔科学

日本救急医学会指導医 
日本集中治療医学会専門医
日本麻酔科学会指導医 
インフェクションコントロールドクター

医 師
たかはし こうへい
高橋 耕平
救急医学
集中治療医学 
麻酔科学
日本救急医学会救急科専門医 
日本集中治療医学会専門医 
日本麻酔科学会標榜医
医 師
おおつか つよし
大塚 剛
救急医学
集中治療医学
麻酔科学
日本救急医学会救急科専門医 
日本麻酔科学会認定医 
日本DMAT隊員
医 師
よご なおき
余湖 直紀
救急医学
集中治療医学
小児科学
日本小児科学会小児科専門医
救急救命士
よしだ あつし
吉田 敦
プレホスピタルケア
病院前外傷・災害初期対応教育
JPTECインストラクター
ITLS Advanceインストラクター
ICLSインストラクター
MCLSインストラクター
PBECインストラクター
神奈川DMAT-L隊員
当院は、救急科専門医 集中治療専門医の指導施設です。


もどる

ページのトップへ戻る