アクセス


各セクションメニューへ

がんに関する臨床研究・治験

 国立病院機構では、安全で質の高い医療を提供するために、治験等の臨床研究の推進を使命の一つとして掲げています。
臨床研究の実施又は継続の適否その他臨床研究に関し必要な事項について、被験者の人間の尊厳、人権の尊重その他倫理的観点及び科学的観点から調査審議を行っております。
 当院倫理委員会は、27年度において9回開催されており、がん診療についても積極的に審議されております。
 また、新しい薬や新しい治療方法が早く提供されるように、積極的に「治験」にも取り組んでいます。倫理委員会と同様に、27年度10回開催された受託診療審査委員会においても、がんに関する治験にも取り組んでおります。 
治験に関する詳細については、こちらをご覧ください。












































もどる
ページのトップへ戻る