アクセス


各セクションメニューへ

緩和ケアチーム


緩和ケアとは  ■緩和ケアチームにできること ■ご家族の方へ ■緩和ケアチームの関わりの例 
緩和ケアチームのスタッフ紹介 ■緩和ケアチームへの相談方法

緩和ケアとは

がんに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方です。

患者さんとそのご家族は、がんと診断されたとき、治療の経過、あるいは再発や転移がわかった時などさまざまな場面でつらさやストレスを感じます。

緩和ケアは“がんと診断された時”からサポートを開始します。そして、主治医と協力・連携し、 患者さんが安心して治療を受け、療養生活を送れるよう、医学的な側面に限らず色々な場面で幅広く支援致します。

ph

緩和ケアチームにできること

ph がんの療養中は、痛みや吐き気、食欲低下、息苦しさ、
だるさなどの体の不調、気分の落ち込みや不安などの心の問題が患者さんの日常生活を妨げることがあります。これらの問題は療養の経過中、程度の差はあっても多くの患者さんが経験します。私たち緩和ケアチームはこれらの問題の改善や解決を目指し、患者さんとご家族が自分らしくすごせるようサポートします。

ご家族の方へ

ph 患者さんの療養生活を支えるご家族も、辛い気持ちが続いたり、どうしたらよいかわからず不安に なったりする時もあります。慣れない介護、意志決定のサポート、経済面など、時には心身の負担と なることもあるでしょう。
なかなか人に相談できない、患者さん本人にも言えない、でも医師や看護師たちは忙しそうで声を 掛けづらい・・・そんなときにも緩和ケアチームに声を掛けてください。ゆっくりと話を聞いてもらい 色々なサポートを受けることで、気持ちが軽くなり心の余裕が生まれます。

緩和ケアチームの関わりの例

ph ph

緩和ケアチームのスタッフ紹介

ph ph ph ph ph ph ph

緩和ケアチームへの相談方法

ph

もどる
ページのトップへ戻る